CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Leina Ushiyama

ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< いよいよです | main | 中島みゆきさんコンサート「一会」千穐楽 覚書き >>
新しい一歩ずつ

寒中お見舞い申し上げます。
東京は暖かい年始だと思ったのもつかの間、
グッと寒さが増した今日この頃ですが
皆様お元気ですか?

 
年始は思わずの観劇から始まりました。
銀岩塩」旗揚げ公演おめでとうございます。音楽担当のヨージさんと。



私はおかげさまで元気に、あちこち弾いております。

といつもの文言ながら、でもこうして見ると新しい道が開けている感覚です。

まずは先述書きました中島みゆきさんのコンサート
ストリングスの皆と演奏していること。

夜会の一人一役の室内楽的編成とも、
たったひとりのソロ参加とも違う心持ち。
演奏もさることながら使う心も頭も全然違う毎日です。

それでも私なりにアップップにならず頑張れているのは
……いえ、今はやめておきましょう。夢になるといけねぇ。
もう少しだけ身体の中に入れておきます。
そうして残す6公演を。
すみません、格好つけさせてください。


さて、そして今日は今日とて新鮮なんです。
自分の作曲・アレンジ〜演奏〜CDにする、というのは自分のアルバムでやっている事なんですが、今回はそれをお客様からお仕事として引き受けています。正直、いわゆる"制作"に関われる嬉しさでテンションが上がっていますが、責任の質の違いに緊張もしています。
こうして録ると本当、何枚も仕事している先輩の凄さが改めてわかるんだもの。



今までやってきたことの延長ながら、道は新しくなっていく。
やっぱり人生ってこういう事なのかもしれません。

新しい一歩ずつ、味わって、恥じない足で進みます。

皆様、共にいい一年となりますように!
| なりわい(音楽仕事) | 17:38 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:38 | - | - |
コメント
>加奈子さん
ありがとうございます^0^
おかげ様でコンサートも無事に全てお開きとなりました。
あたたかいお心遣いと、とても丁寧に聴いてくださった事、本当にありがとうございました。
また是非聴いていただけるように、これからも頑張ります!



>やせ猫さん
ありがとうございます。この度もとても丁寧なお心遣いのおかげで、元気に明るくコンサートを完遂することが出来ました。
ソロも毎回緊張の連続でしたが、曲やお客様、ステージの全ての方を想うと不思議と集中できました。やせ猫さんのあたたかいコメントにもいつも勇気を頂いています。
さて、これから益々頑張ります。
どうぞやせ猫さんも心身共に健康に、明るく楽しい毎日をお過ごしください!
そして心の何処かで私の演奏を楽しみにして下されば幸いです。
| 玲名to 加奈子さん、やせ猫さん | 2016/02/25 11:12 PM |
早や、2月・・・まだ夜などかなり冷たい風も吹きますが、梅の花も咲き、桜も膨らみを増してきた今日この頃、春を迎え、きっとますますお元気に、はつらつとご活躍のこととお喜び申し上げます。
ご活躍中の「一会」は先月26日に拝見拝聴しました。昨日8日はカメラが入っていたとの情報があり、近い将来「一会」Bluerayなどで座長の映像&音声は勿論、きっと牛山さんのソロ演奏の御姿も拝見拝聴できるだろうと期待し、大変楽しみにしています。

様々なご計画、戦略を実行されているご様子ですね。それぞれに良き時をお過ごしになり、そして良き成果に恵まれますよう、末筆になりましたが、ご健康ご多幸を心からお祈りしています。お元気で!
| やせ猫 | 2016/02/09 3:36 PM |
改めまして、本年もよろしくお願い申し上げます。

先日のフェスティバルホールでの公演に
伺いました。3F席だったので離れていましたが、玲名さんのお姿はしっかり拝見し、音色を拝聴しました。
今回のようなストリングス形式を拝見するのは初めてです。
大変かと察しますが、最後までご自愛のうえ、ご自身も楽しんで演奏なさって下さい。26日に再び伺います。

今年こそはソロ・ライブにも…と思っております。
ツイッターやインスタグラム?も拝見しておりますが、こちらでのお知らせも楽しみにしています(^o^)
| 加奈子 | 2016/01/18 7:53 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://leina017.jugem.jp/trackback/650
トラックバック