CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Leina Ushiyama

ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
<< 芸大の飲み会。 | main | sugarbeansさん >>
バイオリンの掃除


先日バイオリンを掃除しました。

いつも弾き終わると乾いたガーゼハンカチで
顎当てと弦(特に弦の指板の間)、
弓についた汗や松ヤニを拭いてはいますが、
それでも落ちていない少しずつの汚れを大掃除するのです。

私は半年に一回のペースかな。
その辺は人それぞれかと。


掃除の仕方については、もう色々な説があります。
まとめて基準的な事が書いてあるページを見つけたのでリンクしておきます。


「ヴァイオリンがわかる!」より
ヴァイオリンの掃除
http://www.violinwakaru.com/artcl_20/20_00041.htm



ちょっとだけ補足。
指板を拭く時に使うと書いてあるアルコール。
一番身近にあって割と安心なので、私はもっぱら「香水」を使っています。
あれならひと吹き分が少ないので大量についてしまう事も無いし。
まぁ、しばらく匂いが残るのだけがネックかしら。
でも残っても三日で取れます。



大掃除はやりすぎない事も大事。
もともと箇所によって使っちゃいけない物が違うので、
プロに任せるのが一番です。


さ、後は弦を替えて弓の毛替えをしよう。
でもいつ工房に行けるかな…。しばらく無理かもなぁ。

弓の毛の元の方が変色しているのがイヤな今日この頃。
| ニッキ | 23:17 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:17 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://leina017.jugem.jp/trackback/40
トラックバック
バイオリン弦 INFELD Blue
基本的には強い弦が好みなので、普段は同じINFELDの「赤」を使うことにしている。だが、E線のやや線の細い、しかし固めの音色と比べて「赤」のA線の太く柔らかめの音色とのつながりが悪いように感じて、A線だけを「青」に変えてみた。これまでの私の音に慣れたお客さ
| バイオリンがいっぱい | 2007/09/20 5:30 PM |